トゥデイ [AF67]

【トゥデイAF67】フロントカバーカウル・レッグカウルの外し方

トゥデイAF67ではフロントカウルの中に、ブレーキワイヤー分岐点・キーアッセンブリ・ホーンやキャリアボルトなどが入っているのでその為の「フロントカウル」と「レッグカウル」の外し方です。

スクター特有の”面倒くささ”があるのですが、爪のズレやねじ穴のズレが生じて、外すことは出来ても取付るときなどは丁寧にする必要があります。

※フロント側はカウルの外し工程はトゥデイ”AF61”も”AF67”も共通です。

※後方のサイドリアカウル・シートカウルはAF61・AF67は共通ではなく若干異なります。

 

トゥデイAF67:フロントカバーカウル・レッグカウルの外し方

フロントバスケット・キャリア類を外す

まずはスクーターの宿命フロントカバーを外す必要があります。
フロントバスケットがある人はそれも外す必要があります。

キャリアを付けてる人はキャリアも外して。

フロントバスケットステーを”3つ”外す。”12mm”です。

 

フロントカバーを外す

運転席側に回ります。
赤○の4つのネジを外します。プラスドライバーです。

4つ外したら正面へ周りフロントカバーが外れます。
爪で引っかかっているので上から両手でバキバキっと引っ張ります。
無理すると折れるので、再度ネジ穴から押したりして外します。

フロントカウルを外すと、ヘッドライト下の雨除けガードも外れますので外しておきます。

これで、前面が空きました。
作業内容によってはこれだけではまだ何も出来ない事の方が多いです。

 

レッグカバー・カウルを外す

赤い部分(レッグカバー)を外す為に、青い部分を外す必要が有ります。その青い部分を外す為に更に後ろのシートを外して、とスクーターの悪いパターンです。
ですがコツを掴めば簡単に外れる方法があります。

まずは表から見てここのネジを外します。
コンビニフックです。ボルトは”10mm”。

正面に回って下から見てタイヤ横のネジを外します。
左右2つずつの合計4つプラスドライバーです。

ステップボードのボルト4つを外します。”10mm”です。

一番の重要ポイントになります。
慣れれば絶対に必要ではありませんが、ここバッテリーボックスないのステップボードとフレームを繋ぐネジを外して置くと慣れてない人は”かなり”楽にできます。

※つまり赤丸部分4つと思いがちですが、黄色丸部分入れて5個です。

 

メットインを外します。”10mm”ボルト4つです。

※このメットインは外しよりも、レッグカウル取付の時に角度がつくので楽になります。

斜め上にグイグイっと馴染ませながら引っ張ります。

次に正面の下からグイグイっと引っ張ります。

繰り返すと外れます。
※詳しくは動画を見れば分かりやすいです。仕組みさえわかっていれば簡単に外してます。

やっと外れました。
これでフロントカウル内の作業が楽になります。

取付はもちろん逆手順でハメていくのみです。

とにかくネジ数、ボルト数が多いので絶対的に”インパクトレンチ”と”インパクトドライバー”が無いと5倍位時間がかかります。

 

フロントカバーカウル・レッグカウルの取り付け

外しの逆手順で組んでいくだけです。

注意点は全てが連動しているので、どこかがずれていたり、爪が外れていたりすると最後に合わなくなります。
なのでズレたまま進めて行くと最後強引に締める事になります。

カウルの爪とネジがしっかりはまっている事を丁寧に確認して作業することが大事です。

作業自体で疲れるとイライラするので都度都度ハマってない場合は解決していけば大丈夫です。
注意するのはとにかく継ぎ目です。

確かにこの辺はエンジンな調子にはそんなに関係ありませんが、隙間がひどいと泥砂の蓄積などにつながります。

 

フロントカバーカウル・レッグカウルを外す工具

この2つは整備に関しては作業効率化においての必需品です。

●インパクトレンチ

ひろぱぱブログではお馴染みですが信濃の電動インパクトは超おすすめです。
プロ御用達のツインハンマーでバッテリータイプです。
エンジンなどにもコンパクトで小回りが効きながら使用出来て、足回りなどにもツインハンマーなので対応出来ます。

SHINANO 信濃機販 12.7Sq コードレスインパクトレンチ SI-165W

SHINANO 信濃機販 12.7Sq コードレスインパクトレンチ SI-165W

33,800円(02/19 21:02時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

●インパクトドライバー

正直、大工さんじゃないのでインパクトドライバーは安ければ何でも良いです。
が、インパクトレンチはバイク・車整備ではかなり良いものを購入しましょう。
アメリカでは大人気のブラックアンドデッカーは安くておすすめです。
ひろぱぱも使用してます。

 

トゥデイAF67のフロントカウルとレッグカウルを外す作業動画

今回の作業動画です。

 

ひろしぱぱ
ひろしぱぱ
スクーター系バイクの宿命ですが、本来の作業よりもカウルを外す作業の方がメンドクサイのが特徴です。
しょっちゅうメンテする人なんかはわざとボルト数減らしたり、自分なりの工夫をしてる人が多いです。
ひろしバイクどっとこむ:関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です