ハンダーカブ/CT125 [JA55]

【ハンターカブ/CT125】スペック主要諸元表|2BJ-JA55

HONDAハンターカブ/CT125のスペック主要諸元表です。

ハンターカブには日本国内向け仕様・タイ仕様とありますのでご注意下さい。

カラーバリエーションは2020年6~は「グローイングレッド」・「マットフレスコブラウン」2色展開、2021年には新色「パールオーガニックグリーン」も追加されています。

ひろしバイクでのカラーはマットフレスコブラン:砂イメージの色です。

 

主要諸元表|スペック情報

Hunter Cub / CT125|タイプグレード名

仕様 日本国内モデル
カラー グローイングレッド
マットフレスコブラウン
型式 2BJ-JA55
発売年月 2020年6月
全長 1960mm
全幅 805mm
全高 1085mm
ホイールベース 1255mm
最低地上高 165mm
シート高 800mm
車両重量 120kg
最小回転半径 1.9m
乗車定員 2人
燃料消費率 61km/L(60km/h走行時)
燃料消費率(2)(km/L) 67.2km/L(WMTCモード値)
原動機型式 JA55E
原動機種類 4ストローク
気筒数 1
シリンダ配列 単気筒
冷却方式 空冷
排気量 124cc
カム・バルブ駆動方式 OHC(SOHC)
気筒あたりバルブ数 2
内径(シリンダーボア) 52.4mm
行程(ピストンストローク) 57.9mm
圧縮比(:1) 9.3
最高出力 6.5kW
最高出力回転数 7000rpm
最大トルク 11N・m
最大トルク回転数 4500rpm
燃料供給方式 フューエルインジェクション
燃料供給装置形式 PGM-FI
燃料タンク容量 5.3L
燃料(種類) レギュラーガソリン
満タン時航続距離 323.3km ※概算参考値
エンジン始動方式 セルフ・キック 併用式
点火装置 フルトランジスタ式
点火プラグ型式・本数 CPR6EA-9 / 1本
搭載バッテリー・型式 YTZ5S
バッテリー容量 12V-3.5Ah(10HR)
エンジン潤滑方式 ウェットサンプ式
エンジンオイル全容量 0.9L
エンジンオイル交換時 0.7L
推奨エンジンオイル 10W-30(SAE粘度)
クラッチ形式 湿式・多板・遠心
変速機形式 リターン式・4段変速
変速機・操作方式 フットシフト
1次減速比 3.35
2次減速比 2.785
変速比 1速 2.500/2速 1.549/3速 1.149/4速 0.922
動力伝達方式 チェーン
スプロケット歯数・前 14
スプロケット歯数・後 39
チェーンサイズ 428
標準チェーンリンク数 108
フレーム型式 バックボーン
キャスター角 27°00´
トレール量 80mm
フロントブレーキ形式 油圧式ディスク
リアブレーキ形式 油圧式ディスク
ブレーキオイル適合規格 DOT 4
フロント懸架方式 テレスコピックフォーク
フロントフォークタイプ 正立フォーク
懸架方式(後) スイングアーム式
リアショックアブソーバ 365mm / 2本
フロントタイヤ タイプ 80/90-17
フロントタイヤ 構造名 バイアス
フロントタイヤ 荷重指数 44
フロントタイヤ 速度記号 P
フロントタイヤ タイプ チューブタイヤ
リアタイヤ サイズ 80/90-17
リアタイヤ 構造名 バイアス
リアタイヤ 荷重指数 44
リアタイヤ 速度記号 P
リアタイヤ タイプ チューブタイヤ
フロントタイヤ空気圧 175kpa(乗車定員時・前)
リアタイヤ空気圧 225kpa(乗車定員時・後)
ヘッドライト(Hi) LED
テールライト LED

 

 

Hunter Cub / CT125:バイク性能コンセプト

初代CT125ハンターカブコンセプトはオフロード走行可能なレジャーバイク

通常ビジネスバイクカブとはコンセプトを変え、先代CT110のオフロードスタイルの後継機となります。

オフロード走破性に関しては水浸30cmでも走行可能なマフラー位置設計等、悪路走行の強さをそのまま引き継いでいますが、実証では37cmまでエンジン回転走行を実現している。(40cmでは水没エンジンとなる。)

オフロードとしては小型ぎりぎりのエンジンンサイズですが、日本国内での原付二種という維持費の安さ・燃費の良さ・一般道も走りやすい完全オフにしてない辺りが、スーパーカブのデザインが嫌いな人ですら万人が欲しくなる位置づけコンセプトのバイクとなるのではないでしょうか。

免許区分に関してはギア式ながらもAT免許で乗車可能で二人乗りも可能

先代CTよりもタンク量も大型化、満タンから空になるまでなんと323kmというカブならではの高燃費と124ccならではの馬力の絶妙なバランスが保たれている。

発表発売開始直後から、ホンダの「目標生産台数≦予約受注」という大人気の状態が続いています。

排気量区分とカブの燃費の良さと、悪路走行性をオフ側に寄せて、絶妙なバランス位置づけのバイクと言える為、メインの人はもちろんサブ車として中・大型単車乗りからも人気です。

 

諸元表は各消耗品交換等にお役立て下さい。
ひろし整備人

関連記事

-ハンダーカブ/CT125 [JA55]
-

© 2016 ひろしバイクどっとこむ|ビジネスバイク専門