その他

アシストスーツはバイク整備で使えるか検証!!|[(株)UPRのBb+PRO使用]

2020年6月14日

かねてから検証してたアシストスーツ(パワードスーツ・パワーアシストスーツ・サポートジャケット)ですが、物流では”当然”超便利なのですがDIYやバイク整備でも使用できないものか検証してました。

結論からいうとバイク整備ではNGですが、DIY作業ではかなり腰が楽にはなります。

 

実際レビューなどでも多いのがこの手のアシストスーツ建築現場でも最近使われ出しました。

これからは遠くない未来にガンガン介護の世界にもパワードスーツは参入していくでしょう。

私は会社用に5つ購入しました。

動力型と無動力型の違い

違いを比較

  • 場所取りとメンテや交換が必要ですが能力の高い動力タイプ
    高価・補助動力有り・自由に動けない・最近小型化されてきた
  • 低価格気軽な無動力矯正タイプ
    低価格・矯正サポートのみ・故障が無い(破れは別)

といった感じでしょうか。

無動力の場合コルセットで良くない?となりそうなところですが価格を考えて比較すると確かにその感は否めません。

今回はバイク整備はどうなん?という目線で検証しました。
※本来の使用用途ではない事はご了承ください。

 

UPR:サポートジャケット Bb+PROで検証

今回購入していたのはこれUPRの「サポートジャケット Bb+PRO」です。
もちろん重量物を運ぶにはもってこいのかなりサポート矯正してくれるジャケットで、動力こそありませんが強力なゴムサポートはあります。

車のシートがめちゃくちゃ重いのは知る人ぞ知ることですがこういう荷物の運びには凄く背中をサポートしてくれます。
※本来の使用用途なので当たり前ですが。

 

ただ無動力とはいえ強力なゴムがベストな姿勢へもっていこうとするので肩への食い込みが生じます。
目的の作業を適正な姿勢で強制してくれるためのサポートスーツですね。

重量物や屈伸運動は姿勢が悪いと”腰のみ”への負担が増しますが、それを”足腰両方”で持ち上げたり屈伸できるように矯正してくれます。

ただし持ち上げる力は自分の筋力次第なので軽くはなりません。正しい持ち方で軽く感じてるだけです。

 

バイク整備にサポートジャケット

もちろん動力付きは不要ですので遊べるかどうか?
まずしゃがんだままの時間が長い作業は足が伸びようとするので無理です(笑)。
出来ないかと言われるとできますが食い込みで肩が痛くなりますので。

 

短い時間は問題ありませんが長時間となると背中にひっぱられます。(笑)。

 

作業椅子に座って使用する分にはかなり腰痛激減のサポートをしてくれますが体勢的に立たないのでコルセットで良いとなります。

 

結論からするとバイクには不要ですね。
整備人の人って腰痛持ちかなり多いのでそれ専用のサポートジャケットも出来る事を期待します。

 

DIY遊びにサポートジャケット

これは良い♪
何気にしゃがんだ状態の長時間さえなければかなり使えるサポートジャケットです。

この辺の伸ばしとかは楽勝です。

 

特に立ち作業は姿勢矯正も兼ねてるのでお手の物ですね。

 

感想としては

やはり建築系などでは無動力は動ける矯正ジャケットとして力を発揮してくれそうです。
当然危険工具の場合があるので無動力タイプです。
丸ノコ持ってる時に動力タイプで誤作動しようものなら想像するだけで💧

私ひろしぱぱ自体は結構使いこんでいますが、気軽に丸洗い洗濯出来るのも無動力タイプの特徴です。

 

 

UPR:サポートジャケット Bb+PRO

仕事で使うことにしました。
バイク整備にもどうかと無謀にも試しましたが”その場合は”向いてません。
本来の用途ではないので当然ですが。

 

 

UPR:サポートジャケット Bb+PRO検証レビュー動画

 

無動力タイプは価格含めて考慮すると、私はどうしても一回試したかったので買うのは今回だけで良いかな。
ひろしぱぱ整備人

関連記事

-その他
-,

© 2016 ひろしバイクどっとこむ|ビジネスバイク専門