その他

ヤマハ パスキスミニ vs パナソニック ギュット DX|パパ目線とママ目線

2018年4月28日

GWゴールデンウィーク初日家族でピクニック♪^^

ひろぱぱ家は3人姉妹なのですが近所の公園に行く時やちょっとした買い物などは電動アシスト自転車が重宝します。

買う時にめちゃくちゃ迷ったのですが2台買って1年経ったので、実生活の使いやすさから目線でどちらが使いやすいか検証しました。

※現在ヤマハパスキスミニは新型が出ており、パナソニックギュットDXはギュットミニへなりました。

なので現在はハンドル部子供乗せタイプはミニのみなので同じですがせっかくなので違いを比較しました。

「ヤマハ パスキスミニ vs パナソニック ギュット DX」

どちらもどちらの良さがあるのですが、高い買い物なので慎重に選んでる人が多いようです。

迷った時はうちのように両方という手もありますがお子様が少ない家は1台で良いと思います。

もう一つブリジストンの電動アシスト自転車も存在しますがブリジストンはヤマハのパスキスのOEMなのでヤマハを買っておけば間違いないです。(※但し、機能など当然全く同じですが、ブリジストンの方が色が豊富、あと高い。)

基本的には日本の2大メーカーだけあって正直どちらも良いです。

どっち買っても間違いがありません。

どちらも買ったひろぱぱが言うのですから間違いはありません。

 

YAMAHAパスキスミニとPanasonicギュットDXのハンドルロックの違い

実用という目線ではこれが一番の違いになります。

ヤマハ パスキスミニ

ヤマハシリーズは全て手元でのハンドルロック操作になります。(ブリジストンも同様)
つまり好きな時にロックと解除が出来ます。

実はこれハンドルロックをしたまま進んでいる原因にもなるので注意が必要ではあります。
ひろぱぱも何度もロックしたまま進んでしまいこけそうになったことがあります。

 

パナソニック ギュットDX

パナソニックシリーズは全てサイドスタンド連動型になります。
つまりサイドスタンドをするとハンドルが連動して固定されます。

自動でロックされるので忘れる事がありません、というかロックを意識する必要が全くありません。
子供を乗せる時のロックは「絶対」必要なのでこれは便利な機能なんです。かなり。

 

 

YAMAHAパスキスミニとPanasonicギュットDXのデザインの違い

これは好みですが世論調査で圧倒的にヤマハのパスキスミニはデザインで人気があります。
パナソニックが細身骨組み自転車であるのに対して、ヤマハパスキスは骨太自転車です。

ヤマハ パスキスミニ

 

パナソニック ギュットDX

 

 

YAMAHAパスキスミニとPanasonicギュットDXの電動スイッチの違い

これはどっちも変わりません。
どちらも使い易いし、操作感も全く同じですので気にする必要はありません。

 

 

YAMAHAパスキスミニとPanasonicギュットDXの子供乗り降り使い易さの違い

子供が2人いる場合は絶対にミニシリーズの低重心タイプが良いです。パスキスミニの安定感と安心感は最強です。
これはギュットDXを圧倒します。(ギュットミニと比較してるわけではありません)
つまり前後のタイヤが小さいので子供の乗る位置がギュットDXより20cm近く低重心になります。
これは超安心と安全です。
※奧がパスキスミニ・手前がギュトDX

 

後ろから見ても重心の違いが分かります。

自分の座る位置は調整出来るので何とでも同じに出来ますが、子供の乗る位置は調整出来ませんので購入時に注意が必要です。

※ギュットDXで比較してますが現在はミニなのでタイヤサイズ高さ共に同じです。

 

 

YAMAHAパスキスミニとPanasonicギュットDXのタイヤの違い

ヤマハパスキスミニ:スタッドレス、四駆イメージ
パナソニックギュットDX:スポーツイメージ
これはあくまでイメージ表現ですが実際の運転感がそうなので間違いないでしょう。
パスキスは太くてグリップが多い分安定感がありますが抵抗が多く進みが悪いイメージです。
逆にギュットDXはグリップが少なく進み具合が良い代わりに安定感が犠牲になってます。
どちらが良いではなく特徴です。

 

後ろから見た写真。太さとゴツさが全然違います。

 

 

YAMAHAパスキスミニとPanasonicギュットDXのバッテリーの違い

アンペアサイズが異なりますが充電のたびに取り出し入れをしますがどちらも同じです。
しいていうならヤマハパスキスミニの方が下部の引っ掛けが少ないので入れやすい感じは少しだけあります。

どっちがパワーがあるとかは購入するバッテリーのサイズに影響されますので比較にならないのでしません。
デカい方がパワーあるのは当然ですので。

 

 

YAMAHAパスキスミニとPanasonicギュットDXのサイズの違い

※(注意)現在はタイヤサイズはどちらも同じになりました。

ミニシリーズはタイヤサイズが小さいのでかなり小さく感じます。

 

2台の前後を比較すると全然違うのが分かります。

 

 

YAMAHAパスキスミニとPanasonicギュットDXのどっちが良い?

これはどちらも2台とも持っている子を持つパパの意見として。

子供が1人の場合:ギュットdx(現在はギュットミニのみ)

グングン進むパナソニックのギュットDXの方をおすすめします。
実際に私は楽なので一人だけ乗せる場合はギュットDXを使用しています。
車高が高い分、子供の乗せ降しに力が要りますが、大きな方や男性におすすめです。
※ただし現在はミニのみです。

 

 

子供が2人以上の場合:パスキスミニ

便利とかよりも重心安定性が特に大事になってくるのでヤマハのパスキスミニをおすすめします。
今後2人以上お子様を産む予定の方もこちらの方が良いでしょう。
小柄な人や、乗せ降しの力を最小限にしたい人はミニタイプが良いです。
スピードは出ませんが、嫁さんは毎日子供の乗せ降ししてるので断然こっち派だそうです★

 

●新型Pas kiss mini|ヤマハ

進化して新型なのでひろしママのは旧型になりました。

 

●新型ギュットシリーズ|パナソニック

2020年はギュットDX→ミニ→クルームDXと進化してます。

 

とにもかくにも便利なのは大事ですが、

もっとも大事なのは

「安全」

です★

どちらも良いので楽しいパパママ生活を~^0^/
3人乗せると捕まりますので気を付けて!バイバイ!

 

しかし子供が小さいうちは安全面第一ですが、金かかります^^;
ひろしぱぱ整備人

関連記事

-その他
-,

© 2016 ひろしバイクどっとこむ|ビジネスバイク専門