ベンリィ50 [AA03]

【HONDAベンリィ50】プラグ交換方法|AA03

先日ホンダのベンリィ50のスパークプラグを交換したのでその方法です。

まずプラグとエアフィルター、電球など消耗品は誰でも出来る作業なのでなるべく自分でするようにしましょう。

いつ交換したかなどもメーター距離と日付を書いておくと目安になります。

毎日乗る人で
おおよそ3~6か月
距離で1500~3000km
が交換の目安になります。

HONDAベンリィ50のプラグの場所はここにあります。

工具としてはドライバーとプラグレンチ16mmがあれば簡単に出来ます。
プラスドライバーで蓋を開けて中をのぞくとプラグキャップが見えます。

キャップを外しますが手が大きい人は取りにくいので、ロングノズルペンチなどでも簡単に外せます。
引っこ抜くだけです。

あとはプラグレンチでねじり抜くだけですが、場所がかなり取りにくい場所にあります。
HONNDA車はこのパターンとても多いです。
エンジン本体はアルミですので、あまりにも無理な力でねじると舐めってしまうので丁寧にしましょう。
見ての通り斜めになります。

無駄に負荷がかからないように意識しながら反時計回りに回して外します。
外れました。漕げ焦げです★

新品と交換します。

 

HONDAベンリィ50のプラグ交換で必要な工具

●プラグ

ホンダベンリィ50のプラグはCR7HSAです。
型番を間違えないよう注意:CR7HSA・プラグは100%消耗品なのでまとめ買いしておきます。

 

●プラグレンチ

ホンダベンリィ50のプラグレンチは16mmです。
一つあれば16mmは大抵の軽自動車と4stバイクに使用できますのでかなり使い道はあります。

フレキシブルタイプ:

フレキシブルタイプなので角度のついた場所でも対応出来ますが、多少の負荷はエンジン側にはかかります。
ガチガチに固いプラグを抜くときには力が入りにくいので抜けない時があります。

エーモン プラグレンチ 16mm ユニバーサルタイプ K35

エーモン プラグレンチ 16mm ユニバーサルタイプ K35

580円(12/15 18:23時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

薄型ディープタイプ:

エンジン本体に負荷を掛けたくない場合と、ラチェットなどで簡単に外したい場合はディープソケットの薄型を使用すると簡単に外すことも出来ます。
あと車などでガチガチに固いプラグなどもこちらの方が向いています。

どちらも一つあると便利ですが当然ラチェットを持っているならディープソケットの方が使い道も沢山ありますしエンジンに負荷もかけずに作業できますので便利です。

ディープソケットの場合の注意は薄型タイプでないとプラグにしっかり噛まないエンジンもあるので注意して下さい。

※間違ってもインパクトで外さないようにしましょう。

 

締める時も慎重にします。

万が一力を入れ過ぎて舐めったら終しまいという気持ちでしましょう。

ネジ山はプラグなので買い替えれば良いだけですが、ネジ谷(受け側)はエンジンなので超面倒なことに陥ります。

ひろしぱぱ
ひろしぱぱ
原付・バイク・車乗る人は必ず覚えておかないといけない作業ですね。
ひろしバイクどっとこむ:関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です