ジャイロUP [TA01]

【ジャイロUP】キャブレターオーバーホールの方法③|組立て・取付方法

ジャイロUPキャブレターの取り外し・分解・清掃としてきました。

あとは丁寧に組み立てて取り付けるだけですが、多少のコツと容量が必要です。

せっかくのキャブレターのオーバーホール無駄にしないように気を付けながら丁寧にします。

2stジャイロUP後期・2stジャイロX後期・2stジャイロキャノピー後期と共通です。

 

ジャイロUPのキャブレター組み立て・取付方法

キャブレター組み立て

まずはアイドリングネジ(アイドルスクリュー)を最大までねじ込み、分解の時メモしておいた回転数戻します。
平均は最大締め込みから、2.5回転戻しです。(車種により異なる)

エアスクリューを最大まで締め込み、分解時のメモしておいた回転数戻します。
こちらも平均2.5回転戻し程度です。
※D型スクリュードライバーが必要です。(後期のみ)

このためだけの特殊工具が必要です。

 

メインジェットをマイナスドライバーでねじ込みます。

スロージェットを入れて、マイナスドライバーでねじ込みます。

フロートバルブをフロートへ下から引っ掛けてぶら下げます。

フロートバルブを図の穴に落ちないように入れて、フロートピンを横から差し込み止めます。

きちんとはまっていれば横から見て、指で押さえると戻し反動があります。

O-リングゴムシールを付けて、蓋(フロートチャンバ)を閉めます。

ワッシャーねじ2つで、均等にしっかりとプラスドライバーで締めます。
ついでに真ん中のガソリンドレンコックをマイナスドライバーで締めます。

ひっくり返してインシュレーター側にもO-リングをハメ込みます。

ひっくり返してアクセルスロットル横に、真上からチョークを挿します。

チョーク用リテーナをスライドさせてハメます。
この時、ギザギザしてる面が上です。
振動によるネジの緩み防止です。

ワッシャーネジ2つを締めます。
本体取り付け最後に本締めをしますので、ここは仮止めで良いです。

ラバープロテクタントでひたして置いたエアベントチューブを挿します。

キャブ用ガソリンドレンホース(キャブレタードレンチューブ)を挿し込みます。

これでキャブレターの組み立ては完了です。
付属のエアーダクト類も忘れずに。

あとは本体へ取り付けていきます。

 

キャブレターの本体への取り付け方法

まずはキャブ用のダクトホースを、エアエレメント本体へねじ込みます。
かなり固いはずなので先にドライヤーで軽く温めて、次にラバープロテクタントで濡らして滑りを利用します。
※(注意)逆順にすると引火します。

耐熱マットをキャブレターのエアー側に通します。

キャブレターをくるむように奥側から折り畳んで。

エアー側からセット。
ここも固いのでラバープロテクタントで浸して滑らしながら挿入。
まだ、エアダクトホース固定ストッパーネジは締めません。

次にインシュレーターをセット。
インシュレーターはO-リングシールを交換orラバープロテクタント。
とんがり角度がキツイ方が下(地面側)です。
O-リングを前方にしてセットして、ボルトで止めます。
締め付けトルク8N・mなので、ばかみたいに力入れると舐めます。
※ここ舐めたら最悪です、締めすぎ要注意。

完了後、キャブ側エアダクトホース固定ストッパーネジもしっかり締めます。

次にゴミ汚れが入るといけないのですぐに、アクセルワイヤー(スロットルバルブ)を垂直に挿します。

アクセルワイヤー蓋(キャブレタートップ)を手でギュッと締めて最後に、凸凹部分にマイナスドライバーを当てて、トンカチで軽く増し締めします。

各種チューブをキャブレターに繋ぎます。
インマニは外してないので負圧ホースは無視します。

①【オイルパスチューブ】→②【フューエルチューブ】→③【エアリードチューブ】
の順番で付けていきます。
抜け防止ピンも忘れずにしっかりと。

最後に、

オートチョークの向きがOKの確認をしてリテーナネジ2本を本締めします。
次に、オートチョークのカバーを上からかぶせます。
その後に、オートチョークカプラーをアクセルワイヤーの下から差し込みます。
「カチッ」と音がするまでです。

これで完成です。
以下オーバーホールしたキャブレターの部分です。

 

キャブレター他部分の取り付け

あとは作業しやすいように前準備で外していたものを取り付けます。
キャブレター以外の部分を取り付けるだけです。
スピード上げていきましょう。

2stオイルBOXを元通り固定。

エンジンカバー装着。

マフラーカバー装着。

エアーダクトホース装着。

エアチャンバボックス取付て、左フレームカバーを取り付け。

荷台付けて。

完了★

さて、実際にかかるかどうかの✔チェックです。
何十回として来てる作業ですが、調子よければセル2回でかかります。

1回目エンジンスタート:

キュルキュルキュルッ。

 

2回目エンジンスタート:

キュルキュルキュルッ。ブロン~♪おお~♪っと今回も2回でかかりましたね。
近所を慣らし運転して完了です♪

う~ん気持ち良しです^^

 

ジャイロUPのキャブレターのOHで必要な工具

基本的な手工具と特殊工具はD型スクリューのみです。

●D型スクリュードライバー

排ガス規制が始まってからの車種のキャブレターエアー調整で必要です。
ジャイロでいう後期型は必要です。

 

●エクステンションバー

キャブレター横のエンジンカバーが深いので延長棒が必要です。
このセットがあれば特に問題はありません。

SK11 ソケットレンチセット TS-312M 12PCS 差込角:9.5mm 12点 1セット

SK11 ソケットレンチセット TS-312M 12PCS 差込角:9.5mm 12点 1セット

2,778円(05/29 12:42時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

●フレックスラチェットレンチ(高精度小ギアタイプ)

真横に付いたインシュレーターボルトを外すのに使用します。

SK11 ダブルフレックスラチェットレンチ 8mm×10mm SGR0810DF

SK11 ダブルフレックスラチェットレンチ 8mm×10mm SGR0810DF

2,980円(05/29 20:12時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

●インパクトレンチ

インパクトレンチはないとヤル気がおきないでしょう。
手工具でフレームカバーを外すと10分かかるのが、インパクトなら1分or慣れれば30秒で全て外せます。
ひろぱぱ愛用のインパクトレンチ。最高品質ダブルハンマー信濃。一度使うとマキタなど他には戻れません。

SHINANO 信濃機販 12.7Sq コードレスインパクトレンチ SI-165W

SHINANO 信濃機販 12.7Sq コードレスインパクトレンチ SI-165W

33,800円(05/29 09:12時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

 

ジャイロUPキャブレターオーバーホールの作業動画

取外しから、オーバーホールまでの一連作業です。
取付に関しては逆手順なので早送りですが、清掃同様に丁寧な作業が必要ですのでご注意下さい。

 

ひろしぱぱ
ひろしぱぱ
今回のキャブレターオーバーホールです。
先月腰上エンジンもオーバーホールしたので絶好調ですね★
ひろしバイクどっとこむ:関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください