ジャイロUP [TA01]

【ジャイロUP】後期にキャノピー中期のエキゾーストパイプ・マフラー付け加工とコツ

ジャイロUP後期になって、エキゾーストパイプに触媒がつきました。

これにより、パワーダウンと整備性がかなり悪くなり、キャノピー中期のエキパイを使用する人がかなり多くいます。

それによりマフラーをジャストフィットさせようとすると若干ずれが生じるため、少し隙間が出来ますので若干の簡単な加工が必要です。

 

ジャイロUPの触媒無しエキパイへ改造方法

方法は一般的に2つあります。
どちらも有名な方法なので特殊はありません。

  1. ジャイロUP後期のエキパイの触媒を切断。
  2. キャノピー中期エキパイを使用

の2点です。

1:ジャイロUP後期のエキパイの触媒を切断

一つはエキパイの触媒を切断して溶接する方法です。
もちろん溶接機を持っている人のみになります。
グラインダーで余裕を持たせて切断したあとに、その触媒穴をハンマーで潰してそこを溶接します。

もう一つ、触媒穴にはM10ボルトがギリギリにはまりますので、ガスケットを塗ったM10ボルトを丁寧にハンマーでたたくという人もいます。しかしこのボルト埋め方法はかなりの確率で数カ月後に空気入りますのでやめましょう。
やるなら溶接です。

 

2:キャノピー中期エキパイを使用

もう一つの方法がこれですが多くの人がしているのがこちらの方法です。
そのままジャイロキャノピーの中期は触媒がないのでそれを使用します。
ジャイロUP後期と、キャノピー中期のエキパイは基本エンジン型が共通なので奇麗にはまります。
ただ、マフラー(チャンバー)側の固定ねじ部分が少し、5mm程度ずれるので少し加工してあげれば良いです。
ただし無理やりハンマーで叩けば収まりますが。

加工はクランクの穴を広げるか、邪魔してる突起物をけずるだけです。
大まかにはクランク側の引っかかるところ削れば良いだけです。

 

ジャイロUP車体にマフラーを取り付けるコツ!

ジャイロUPのマフラーの場合コツがあります。
しかもただでさえ面倒なジャイロUPのマフラー。
繋いだ後漏れてたとかが一番めんどうなので丁寧にします。

 

1:エキパイとマフラーをつなぐ

車体下から覗き、エキパイとマフラーをつなぎます。
仮止め」します。
こつはロングナットに変更すると楽ちんです。

 

2:マフラー固定ボルトを締める。

一回「本締め」します。

 

3:シリンダーとエキパイをつなぐ

これも「仮止め」です。

 

4:マフラー固定ボルトを緩める

最初に「本締め」したマフラー固定ボルトを「緩め」ます。

 

5:エキパイとマフラーをつなぐ

本締め」します。

 

6:シリンダーとエキパイをつなぐ

本締め」です。

 

7:マフラー固定ボルトを締める

本締め」です。

これで完了です。
ズレがかなり軽減されるはずです。
多少の遊びがとれるように、シリンダーやエキパイ部分など設計されてますが、一番ズレが少なくなる方法です。
一回で全て本締めしていくとどこかがずれた時ムリヤリはめ込むことになります。

※マフラー周りはM6サイズ程度のボルトが多く、負荷がかかると振動も全て拾う部分なので非常に折れやすくなります。

 

ジャイロUP:キャノピー中期エキパイを使用する場合の便利アイディア

ジャイロキャノピーはジャイロUPと違いエキパイにエリマキトカゲのようなものがあります。

キャノピー車体フレームの場合良いのですが、ジャイロUPに使用するとフレーム場所が異なるので整備上たいへん邪魔です。
なのでグラインダーであらかじめ削っておくと楽に取り付けしやすくなります。

削った後です。これでエキパイとマフラーを停めるとき作業がしやすくなります。
エキパイ抜き取りもしやすくなります。

 

エキゾーストパイプ加工に必要な工具

●ディスクグラインダー

ひろぱぱブログの写真のはこれです。
最大700wながらなかなかのハイパワーで、日立工機のディスクグラインダーです。

 

●溶接機

溶接機と言えばこれですという家庭用定番のスズキッドのアイマックス60。
安定の電力供給と初心者から玄人まで利用者が多いのも特徴です。

 

半自動ならこちら。

スズキッド(SUZUKID) アーキュリー80LUNAII SAY-80L2

スズキッド(SUZUKID) アーキュリー80LUNAII SAY-80L2

37,880円(02/25 16:52時点)
Amazonの情報を掲載しています
ひろしぱぱ
ひろしぱぱ
道具次第でアイディアと工夫で何とでもなる事が多いですが、その三種の神器が「切断機・溶接機・コンプレッサー」でしょう♪
整備メンテンス・DIYの幅が一気に広がります。
ひろしバイクどっとこむ:関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です