トゥデイ [AF61]

【トゥデイAF61】燃料タンクゲージフロートセンサーの交換整備方法

今回はトゥデイAF61の燃料タンク内のゲージフロートセンサーの交換方法です。

いわゆる”浮き”です。

この作業はどういう時にするかというと”メーターの燃料切れランプが点きっぱなし”もしくは”点かない”場合です。

起こりうる原因としては長期放置車両の”燃料タンク内のサビ”や”腐ったガソリン固着”です。

タンク内がサビてくるともちろんフロートユニットもタンクの中にあるのでサビて動かなくなります。

セルのように動力を加えて動かしてるわけでは無く、浮力だけで動いているので一回サビると基本的にはもうサビたままですので、サビ取りをするか交換です。

サビをどんどん誘発する前に交換しないといけません。

タンク内の錆取り作業は超面倒ですので、きちんと交換しましょう。

 

燃料タンクゲージフロートセンサーの交換

サイドリアカウルを外す

まずはサイドリアカウルを外す必要があります。
以下をご覧ください。

【トゥデイAF61】シートカウル・サイドリアカウルの外し方前回フロントカウルとレッグガード、ステップの外し方とコツを書きましたので、今回はシートカウル・サイドカウルの外し方を書きます。 写...

カウルが外れた状態です。
テールランプユニットは外す必要ありませんのでこの状態にします。

 

ゲージフロートセンサー(浮き)を取り出す

センサーの取り外し方です。
その前に注意点がありますので気を付けて下さい。

トゥデイの場合は、”ガソリンの給油口よりも下にセンサーコックがあります”。
ですのでガソリン量がタンクに満タンだととんでもない事になります。

かならずガソリン量を上記ライン以下に減らしてからの作業です。

ガソリン量を✔チェックしたら作業開始です。
まずはバイク車体後方へ周ります。

センサーコック横の金属クリップをめくる。

センサーコードを緩めておく。
テンションがかかったままだと、コック外し中にミスすると断線しやすくなるので予防線です。

溝にマイナスドライバーなどを当てて、”ゴムハンマー”でコンコン叩いて、”反時計回り”に回していきます。
※一つの溝ではなく3つの溝均等に叩いて、回していきます。

通常の金属カナヅチだと力加減が強くなり過ぎて変形しやすくなるので注意して下さい。
ガソリン漏れの原因となります。(一般的にバイク整備で金属カナヅチの出番は少ない)

抑え蓋を外したら、フロート部分をゆっくり引っ張り出します。
足部分は細い金属なので一応丁寧に。

コック部分には耐油”ゴムシール”パッキンがあります。
めったに開ける場所ではありませんのでしっかりガソリンを拭いてから、”ラバープロテクタント(ゴム復活剤)”を吹いておきます。

終わったら右側へ周って、赤色のカプラーを抜きます。

交換する場合はフロート側は必要ないですが、車体側はカプラーの金属部分に”クレ226(電極接点復活剤)”を吹いておきましょう。

この部分がジグザグな留め方となってますので、配線に注意しながら、外します。

これで燃料タンクの”ゲージフロートセンサー”が外れます。

新品に交換して作業完了です。

※これでもメーターの燃料ランプが”点きっぱなし”。または”点かない”。

この場合は、センサー側ではなく配線などの電装系、またはメーターの燃料ランプ電球が切れている事が判ります。

 

燃料タンクゲージフロートセンサーの交換に必要な部品・工具

部品類

●フューエルメーターキット

AF61の場合、ガソリンが減ってきたらランプがつくだけです。
これがタチ悪いのは皆さん経験済でしょう。
これを使用するとAF67のような、ガソリン燃料があとどれくらいあるのかが分かります。

キタコ(KITACO) フュエルメーターキット トゥデイ(AF61) 752-1128200

キタコ(KITACO) フュエルメーターキット トゥデイ(AF61) 752-1128200

8,277円(06/05 22:42時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

工具類

●ゴムハンマー・プラハンマー

いわゆる”ショックレスハンマー”です。
一つは必ず持っておきましょう。
エンジン・クランク関係の割り作業などでも使用します。

ストロングツール(Strong TooL) 2WAYハンマー パイプ柄 30mm 02406

ストロングツール(Strong TooL) 2WAYハンマー パイプ柄 30mm 02406

350円(06/05 08:33時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

●クレ226(電極接点復活剤)

ひろぱぱブログで頻繁に出てくる226。セルスイッチから、バッテリー、オートチョーク、コネクタ全部、あらゆる電極に使用可能な電極接点復活剤。
これも一つで5~10年持ちます(笑)。

 

●ラバープロテクタント(ゴム復活剤)

ありとあらゆるパッキン及びホースの亀裂予防に役立つラバープロテクタント。
これもひろぱぱブログでも頻繁に出てくる超必須アイテムです。

 

燃料タンクゲージフロートセンサーの交換作業動画

今回の作業動画です。
危険なガソリン部の取り扱いです。もちろん”火気厳禁”。
ガソリンの匂いもかなりして気分悪くなりますので、マスク着用必須と近所迷惑なども考慮して作業しましょう。

 

ひろしぱぱ
ひろしぱぱ
トゥデイはAF61はガソリンが減ってからランプだけなので不便ですよね。
AF67の後継種はメーターでガソリン量を✔チェックできるので便利です。
ひろしバイクどっとこむ:関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください