トゥデイ [AF67]

【トゥデイAF67】腰上エンジンオーバーホール②-B|シリンダーの慣らし・清掃・交換方法とガスケット交換

AF67トゥデイさんのエンジン腰上オーバーホール編。

今日はシリンダー清掃/交換・ガスケット交換です。
今回も前回同様、組んだままの状態でいうここです。

前回の続きです。

トゥデイAF67腰上エンジンOH
  1. エンジン腰上オーバーホール①|腰上エンジンバラシ
    一気にばらす。
    [エンジンヘッド→シリンダーヘッド→シリンダー(ピストンまで)]
  2. エンジン腰上オーバーホール②|各部位メンテ(奥から順に)
    【A】[ピストン清掃/交換/装着]
    【B】[シリンダーガスケット交換]・[シリンダー清掃/交換]・[シリンダーヘッドガスケット交換]:※今回はここです。
    【C】[エンジンバルブカーボン清掃/交換/擦り合わせ作業]・[バルブステムシール交換]
    【D】[カムシャフトホルダー・ロッカーアーム清掃/交換/装着]・タペットクリアランス調整
  3. エンジン腰上オーバーホール③|[まとめ]

※部位整備して組み立てながらなので文字にすると多少前後しますが基本です。

まずはシリンダーのチェック

古い方のシリンダーの中身をチェックして”交換”or”清掃”の判断です。
「汚れ」の場合は再利用ですが、「傷」の場合は、要交換です。

傷でも浅い場合ボーリング研磨機のある人は修理も可能ですが普通の人はペーパーでの手作業になるので、均一になんて不可能で、よほど慣れてない限り径を歪めて広げてしまい、圧縮漏れの原因になるのがオチです。

※シリンダーに関しては再利用する人の方が多いのが一般的です。
シリンダーに傷が入る=組みミスを除いて”ピストンにも必ず原因”がありますのでセットで交換となります。

 

シリンダーの交換方法

ガスケット剥ぎと清掃

この作業が一番大変ですね^^;

なにはともあれ古いガスケットを剥がす事が第一です。
まずは古いシリンダーガスケットを綺麗に剥がします。

車体クランク側

リムーバーを使う場合、車体クランク側は斜めなので強力な泡タイプが必要です。
圧倒的にワコーズRMVがおススメで、騙されたと思って使ってみれば分かります。
ガスケットがワカメみたいになります。

溶剤型リムーバーを吹いておきます。
手に付くとヒリヒリ火傷のような感じになる人もいるようです。
この泡の粘り強さと引っ付きは最強ですね。

ヘラリムーバーなどで傷つけないように丁寧にガスケットを落とします。緑のやつですね。

最後にパーツクリーナーで綺麗に流す。
ピカピカのピカピカにして車体クランク側は完了です。

 

シリンダー側

こびりついたガスケットを落としていきます。

シリンダー側は横に置けるので何でも良いですがリムーバーで漬けておきます。
(こちらは”新品に交換の場合”は古いシリンダーは燃えないゴミで捨てるだけです。)

ヘラなどで綺麗に剥がす。

最後にパーツクリーナーで綺麗に流す。
納得するまでピカピカにしてやってください。

場所が場所だけに丁寧慎重に必ず”泡型溶剤ガスケットリムーバー系”を使用する事をおすすめします。

 

シリンダーのオイル塗り

トゥデイはただの筒状シリンダーなのでペーパーによる慣らしは「新品であれ・再利用であれ」必要ありません。

なのであとは4stオイルを塗って装着するだけでOKです。

4stオイルをまんべんなく塗ってあげます。

指でしっかりと隙間なく塗ります。
私は素手は嫌なので耐油手袋を毎回します。

あとは取り付けていくだけです。

 

シリンダーの取付方法

1:シリンダーガスケット装着

シリンダーガスケットを挿入します。
車体クランクとシリンダーを繋ぐ”ブッシュ”ピンを忘れないように。
右側の縦2列の2つ”です。

カムチェーン”と”ピストン”を通して奥へペタリと。

ブッシュピンもしっかり綺麗に押し込んで”シリンダーガスケット”装着完了。

 

2:シリンダーの装着

シリンダーを入れる前に一度”ピストンリングの切り欠きの向き”を正しい方向へ合わせる。
このタイミングがピストンリングに触れる最後です。

今一度ピストンに4stオイルを垂らして。

ゆっくりシリンダーを挿入。

横から見ると分かりますが、ピストンリングが開く力で入りにくいので、「ピストンを水平に保ちながら、ピストンリングを指で縮めながら、シリンダーをゆっくり挿す。」

ズルっと入ります。ここまで入ればOK大きく隙間のある状態で。

一度チェーンをシリンダーから通して前に出す。

ここで初めてしっかり奥まで挿入。
”ブッシュ”ピンがしっかり入っていればきっちり収まります。

 

3:シリンダーヘッドガスケットの装着

チェーンガイド”を挿入します。
溝にポッチ部分をはめ込みます。

そして”シリンダーヘッドガスケット”(アルミ)を入れます。

ブッシュ”はここ”右上と左下の2か所”です。

シリンダーの取付およびシリンダーヘッドガスケットの装着まで完了です。

AF67はFI車なので左下に回って、カプラーをハメて完了です。

次回は”シリンダーヘッド”です。

 

シリンダーの清掃・交換で必要な部品・工具等

部品類

●シリンダーガスケット

純正番号:12251-GFC-620
このガスケットは必ず交換です。
再利用して組み上げたあと圧縮抜けてたらその労力はもう地獄です。

 

●シリンダー[交換の人のみ]

純正番号:1312100-GFC-771

[ホンダ純正品]HONDA トゥデイ(AF67) シリンダー TODAY 991522

[ホンダ純正品]HONDA トゥデイ(AF67) シリンダー TODAY 991522

6,000円(05/29 18:20時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

●シリンダーヘッドガスケット

純正番号:12251-GFC-771
このガスケットは必ず交換です。
再利用して組み上げたあと圧縮抜けてたらその労力はもう地獄です。

 

工具類

古いガスケットを剥がすリムーバーが必要です。

●ガスケットリムーバー[溶剤]

カーボン落としにも使用できます。
ガスケット剥ぎはめちゃくちゃ楽になりますが、強力なので手に付かないように注意。
おすすめは塗布後一日置く。

もちろん当サイト御用達の”エンジンコンディショナー”でもOKですが、泡の粘度と吸着率と強力性は圧倒的にワコーズのこちら。
ただし”ワコーズRMV”の方が金額が上がるので頻繁に使用するカーボン落としでは使用せず、ガスケットでしか利用してません(ひろしぱぱの場合)

 

●ガスケットリムーバー[スクレーパー]

溶剤を使わない場合はかなり大変ですが傷つけないようにお気を付けを。
全く無傷は溶剤なしには不可能に近いです。
ただしどちらにせよ必須です。
溶剤を使用する場合これおすすめで、私もこれの大中小サイズです。

INOUE カーボンはがしヘラ 20mm 17040

INOUE カーボンはがしヘラ 20mm 17040

135円(05/29 18:20時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

●ガスケット消しゴム[ひろひぱぱ特製改造品]

超音波カッターDC-501ですが最後にガスケット磨きに。
※要改造でそのままの使用は彫刻刀なので当然できません。
抵抗がある時だけ超音波振動でガガガっと押し込んでいきます。
※時短と趣味:当然必須工具ではありませんし不要です。
先端をゴムスクレーパーに変更しています。

リョービ(RYOBI) 電動彫刻刀 DC-501 696401A

リョービ(RYOBI) 電動彫刻刀 DC-501 696401A

8,747円(05/29 18:20時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

【トゥデイAF67】腰上エンジンオーバーホール②-B|シリンダーの清掃・交換作業動画

今回の作業動画です。
どうしても素手作業が必要な場面が出てきますので潔癖症の方は無理かと思います。

 

ひろしぱぱ
ひろしぱぱ
シリンダーとピストンが生き返ると気持ちの良さこの上無しです。
ひろしバイクどっとこむ:関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください