その他

バルブスプリングコンプレッサーの使い方|エンジンバルブ清掃交換・ステムシールの交換工具

2020年2月12日

特殊工具にあたる、”バルブスプリングコンプレッサー”の使い方です。

絶対必要かと言われると絶対必要です。
※バイクによっては”手の力で外せる”程度の力のバルブスプリングはあります(トゥデイ等原付)、しかし装着時にはバルブを傷つけない為に「必ず必要」です。

バルブスプリングコンプレッサーの使用用途は以下

使用用途

  • エンジンバルブ取外し・取付時
  • ステムシール取外し・取付時

もちろんエンジンバルブのある4stバイクで、2stバイクでは使用しません。
原理としては万力と全く同じ原理で、アタッチメントが空洞円柱になってるのが特徴です。

 

バルブスプリングコンプレッサーの使い方

バルブ外し時

まずはコンプレッサー両端にアタッチメントボルトを挿入します。

 

バルブヘッド側”と”スプリング側”の程よいサイズのアタッチメントを装着します。

 

シリンダーヘッドを用意して立てかけて、バルブヘッドとスプリングの中心をとります。

 

注意ポイント

ピンが円柱の中を通ってくるので、ズレてたらダメなので手で補正しながら。

 

ある程度指で回して仮固定して。

 

手回し棒を入れて。

 

締め込んでいきます。グリグリとだいぶ締め込んで行くとピンヘッドが見えてきます。

 

どのバイクも溝ではまってるだけなので簡単に外れます。
というか締め込んでいけば勝手に外れます。

 

無くさないように注意。”バルブコッター(コッターピン)”です。

 

逆回りで緩めて外していきます。

 

バルブコッター(コッターピン)”を外してるので、エンジンバルブを取り外せます。
まずは”バルブスプリング”を外して。

 

後ろから指で押し出してエンジンバルブを外します。

 

こちらは”エキゾーストバルブ”排気バルブです。

 

逆側の吸気バルブ”インレットバルブ”も同じ要領で外します。

 

スプリング側の付け根にはステムシールがありますので、劣化している場合は要交換です。
劣化はオイル下がりの原因となります。

 

 

バルブ取付け時

取り付けに関しての使い方は全く同じ逆手順です。

一番イライラするコッターピンをスムーズに取り付けるコツは、グリスをピンの内側へ少しだけ付けてあげます。

 

ネチョっとなるのでステム(棒へ)引っ付いてくれるのでとても簡単に装着できます。

※グリスなので当然拭き取りも不要です。

 

 

バルブスプリングコンプレッサー

シリンダーヘッドの掃除や部品交換・清掃時に必要な工具です。

バルブスプリングコンプレッサーセット/メンテナンス

バルブスプリングコンプレッサーセット/メンテナンス

1,600円(10/19 14:46時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

エンジンバルブコンプレッサー使い方動画

 

めったにでてきませんが必要な特殊工具です。
ひろしぱぱ整備人

関連記事

-その他
-, , , , , , , ,

© 2016 ひろしバイクどっとこむ|ビジネスバイク専門