トゥデイ [AF67]

【トゥデイAF67】イグニッションコイルの交換方法

トゥデイAF67のイグニッションコイル一式の交換方法です。

基本的にはプラグを先に交換して火花チェックしてからのイグニッションコイル一式交換となります。

もちろんキャップのみコードのみコイルのみの交換もできますが基本的には、故障原因の住みわけが簡単なので一式交換するパターンがほとんどです。

カウル原付ならではですがカウル外し作業が必要ですので面倒ですが、今回は”最小限工程数”でのやり方です。

 

イグニッションコイルの交換|交換作業方法

カウル外し作業(右側のみ)

イグニッションコイルを交換するにはカウルを外す作業が必要です。
右側半分のみで構いません。
まずはメットインボックスを外します。”10mmボルト”4つを外します。

引っこ抜きます。

真上から覗いて”プラスねじ”を2つ外します。

次に右側後方へ周ってこの”2つのクリップ”を外します。

グイグイっとリムーバーでクリップを外します。
真ん中を両サイドからラジオペンチで挟むタイプのクリップです。

あとはリムーバーで爪を折らないようにめくっていくだけです。
(備考:旧型AF61の場合は、フレーム内横に更にプラスネジがあります。)

横側は上へ引っ張り上げて外します。これがかなり力要りますが外れます。
外れると外側へビロ~ンと広げれるようになります。
プラグから繋がっている黒い塊が”イグニッションコイル(点火装置)”です。

”ラチェットレンチ”で”10mmボルト”2つを外します。

配線コードが2つあるので、これを引っこ抜きます。
※断線しないように注意!

2本とも抜きます。

これで交換です。
バイクであれ車であれ、消耗品なのでいずれは寿命がきます。

旧型AF61とは形が違うので流用注意です。
使えますが留めれないので、ゴムバンドやタイラップで固定しなくてはならなくなります。
AF67用はこの形です。2ピン型のこのタイプです。

交換取付前に”クレ226(接点復活剤)”を端子に吹いておきます。
その後、拭き取ります。

交換してチェックです。
これでセルやキックに連動しながら、連続してきちんと火花が飛べばOKです。

元通り組んで完了です。今回はこれで復活。

 

点火装置系の交換に必要な部品と工具など

部品:

●プラグ[AF67用]

トゥデイAF67のプラグ型番は「CR7HSA」です。

 

●イグニッションコイル一式

基本12V用ならどれでも流用可能ですが、微妙にプラグ抜き差しがしにくかったりユルユルだったりします。

コードのみやキャップのみ等も交換可能です。
プラグコード[純正番号:30510-GFC-620]
プラグキャップ[純正番号:30700-GFC-890]

あとは形が大きく分けて2種類ありますが、こちらの形です。
この形のタイプは意外に価格は高いので↓の互換品で試してみました。

 

工具:

このやり方はカバーを全て外さないので”10mm板ラチェット”と”プラグレンチ”と”リムーバー”必須。
他は”ドライバー”一本で可能です。

●プラグレンチ

Today AF67のプラグレンチは”16mm”です。
一つあれば16mmタイプは大抵の軽自動車と4stバイクに使用できますのでかなり使い道はあります。安く済ませたいならこれです。

エーモン プラグレンチ 16mm ユニバーサルタイプ K35

エーモン プラグレンチ 16mm ユニバーサルタイプ K35

580円(10/21 11:33時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

●フレキシブル板ラチェットレンチ

10mm”が必要です。
安物でも構いませんが、最低でもギアが60山以上で8mmが有るセットが理想です。
原付の場合で一番使うのは「8mm」「10mm」です。

 

●リムーバー(クリップ外し)

カウルのクリップで使用します。マイナスドライバーでも代用可能。

 

●クレ226(電極接点復活剤)

セルスイッチから、バッテリー、オートチョーク、コネクタ全部、あらゆる電極に使用可能な電極接点復活剤。

 

トゥデイAF67のイグニッションコイルの交換作業動画

今回の、イグニッションコイルの取り外し、取付交換作業の動画です。
最小限の工程数ではありますが、カウルを割らないように注意です。

 

ひろしぱぱ
ひろしぱぱ
これで復活しました。
プラグだけ交換して油断しないようにしないといけませんね^^
ひろしバイクどっとこむ:関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です