トゥデイ [AF67]

【トゥデイAF67】バッテリー交換方法

簡単な作業ですがバッテリーは危険物には変わり有りませんので、あくまでゆっくり丁寧にしましょう。

プラグもそうですが、バッテリーも自分で出来る簡単工程なのでなるべく自分でするようにしましょう。

バッテリーの交換サインは定番ですが、セルが回らなくなったり、ウィンカーの点滅が早くなったらバッテリーが弱っている証拠です。

その時は新しいバッテリーに交換しましょう。

作業工程時間は10分程度。

それでは早速作業してみます。

バッテリー交換の注意点

バッテリー取り外し時の一番の注意点は、

  • マイナスから外して、プラスを外す。

逆にバッテリーを取り付ける時の一番の注意点は、

  • プラスから取付て、マイナスを取り付ける。

です。

私も10年前くらいの慣れるまではバッテリーの取り受け順に関しては、何度もごっちゃになり確認したものです^^;

覚え方としては、バッテリーの取付けも取外しも「マイナスが常に外れている状態」が正しい状態です。

これを意識てやっと覚えたのを記憶してます。今は体が覚えてます。

トゥデイAF67のバッテリ交換開始

バッテリー位置は足元にあります。

プラスドライバーで蓋を外します。

開けるとバッテリーが出てきますので、まずは揺れ防止バンドを外します。

これがなかなか固いのです。

バッテリーは必ず「マイナスから外します」。

次にプラスを外します。この時マイナスがバッテリー端子に触れないように注意して下さい。

外れました。要らなくなったバッテリーはガソリンスタンドなどで回収してもらいましょう。

新しいバッテリーを投入します。

バッテリーの取り付けは必ず「プラスから取付」します。

マイナスを締めます。

振動防止ゴムを引っ掛けて完了です。

これで完了です。

あとはきちんとフタを締めてOKです。

今回交換で使用したバッテリーは台湾ユアサのこれです。

激安ながら一番売れてるバッテリー当然ひろぱぱも愛用してます。フロート充電で長持ちします。

急速充電すると日本ユアサ製より弱い気がしますが、フロート充電であれば同等品です。

ただしお値段は1/3以下なのでこれは買いです★

※使わなくなったバッテリーの保管には重々注意して早めにガソリンスタンドなどで引き取ってもらいましょう。間違っても直射日光に当たる庭に置きっぱなしとかいう状態が無いように!!

ひろしバイクどっとこむ:関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です